日本一周 季節労働 愛媛のみかん収穫2回目の生活とわたしを生きるという事

はじめに

アウトドア初心者な一応女子なつこ@rekkaera
愛車のCB250RSに跨り日本一周遂行中!

なんとスタート所持金¥3000という新事実発覚!
詳しくはこちら
やめま翔さん@yamema_showさんがわかりやすくまとめてくれました!
ありがとうございます。

そんな崖っぷちスタートの日本一周、これからどうなる?

PayPalが死亡してeBay大ピンチの現状(笑)詳しくはこちらの記事で触れています。
生き残るすべはとりあえず現金収入と国内アマゾン展開

現金収入は季節労働という働き方を覚え

各地で短期間働き収入を得ています。

Twitterで振り返るみかん生活まとめ

去年お世話になった農家さんへ恩返しがしたい

去年(2018)に収穫最後の1週間という短い期間だけど
お世話になった農家さんのお手伝いがした

その思いだけで愛媛入り

愛媛JAの唯一のこちら側(季節労働者)の理解者の「河野さん」
彼の手助けにもなるのならと今年(2019)も愛媛でのみかん収穫を決めました。

2018年に出会ったJAの河野さん
2019年になんと沖縄離島の「小浜島」京都の「和束」へ会いにきてくれて
季節労働者の確保や愛媛みかんの認知が目的なんだけど
他の言葉だけのくそったれのJAの人たちとは違い経費かもしれないけど
日本全国を飛び回り、SNSで私たちの同行を確認して会いにきてくれる
その行動力と熱い思いがあったから愛媛にまた行こうと思ったのもひとつ

愛媛にいる時も自腹でお肉を差し入れてくれて焼肉会を開催してくれたり
お世話になりっぱなしです。ありがとうございました。

話がそれましたが
去年1週間お世話になった農家さんの地区は
山の上のみかん園

当時の宿舎から片道30分とけっこう僻地
僻地故に人手が足りてなかった様子
本来なら年末は12/25までに収穫を終え出荷したい(出荷する選果場の受け入れが25日最終)
なのに去年はギリギリ年内に収穫が終わったという・・・

これを人員でカバーできるならと
今年はこの地区をメインに収穫することを決めると同時に
収穫できる人をこの地区から紹介しようと動き出す。

去年みかんを紹介させてもらった
すずぽん

が旅人を総動員してくれて
今年2019年の高野地の収穫人員は潤った

そんな様子が新聞にとりあげられて

うっかり新聞デビュー笑
悪いこと死ぬ以外で生涯新聞になんて載ると思ってなかったので
素直にうれしい笑

こういった経緯からの愛媛みかん
スタート

みかんのある生活

山の上での暮らしは
静かでおだやかでした
朝日と夕陽を堪能して笛を吹く

ゆるーく平和に求めていた暮らしがそこにはありました
支給されるご飯も美味しいし
自炊しようと思えばできる環境
食べるものにも気を遣えるのはうれしい

今回もお金の為には来ていないので
残業も稼ぎたい人がやったらいいという考えで
わたしは積極的に参加しませんでした。
そういった態度がおもしろくないと感じた人たちもいたかもしれない
人がいないなら残業するよスタンスで伝えてたつもりだったけど
1人に伝えたところで自分の気持ちなんて伝わらないよね(勉強になった

ギスつくくらいなら
無理して働かなければいいのに
自分で選んで働いていながら
辛いしんどい疲れたアピールとかくそダサい

そういった弱い人たちの弱音やネガティブワードを浴びて
久しぶりにうつで寝込みます

自然の中にいても鬱にはなるんだな

noteリンクはこちら

この件から
積極的に交わろうとせず
淡々とみかんを収穫し
自分の世界を掘り下げていました

わたしという人を知る

笛を吹きまくって
映画をみまくって

唯一気の合う数人と
ディープな世界に潜ってみたり

ヨガやったり筋トレしたり

とてもとても楽しい時間でした。

農家さんのあたたかい思い

畑でバースディをお祝いしてもらったり
寒いだろうと綿入りヤッケを買ってきてくれたり
最終日に焼肉会を開催してくれたり
ぶっ倒れた時も
お母さんが心配して様子をみにきてくれたり
本当に本当に気遣ってもらって
ありがとうございました。

わたしができることはと
それでもたくさん収穫しようと気に上ってチョキチョキ
できてたかな?

そしてわたしを生きるという事

今年は男の子ばかりのチームで
どうしてもコンテナはいっぱい持てないし
高いところにあげられないし
迷惑かけてるんじゃないかなーなんてネガティブになってたけど
ある人が
「おまえにはおまえだけが出来ることがある」
って言ってくれたので
わたしはわたしを表現して
もっと自由に生きたい人の道標になれたらと思い
今日も旅の記録を綴ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。