日本一周448~487 お茶の収穫のお仕事と京都

はじめに

アウトドア初心者な一応女子なつこ@rekkaera
愛車のCB250RSに跨り日本一周遂行中!

なんとスタート所持金¥3000という新事実発覚!
詳しくはこちら
やめま翔さん@yamema_showさんがわかりやすくまとめてくれました!
ありがとうございます。

そんな崖っぷちスタートの日本一周、これからどうなる?

PayPalが死亡してeBay大ピンチの現状(笑)詳しくはこちらの記事で触れています。
生き残るすべはとりあえず現金収入と国内アマゾン展開

現金収入は季節労働という働き方を覚え

各地で短期間働き収入を得ています。

京都和束でお茶の収穫(秋番茶)

一番茶は、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のことで、新茶と呼ばれることもあります。以降、摘み採った順番により、「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。「一番茶」のことを「新茶」と呼ぶこともあります。「一番茶」はその後に摘み採られる「二番茶」「三番茶」などと対比して使われることが多く、「新茶」は1年で最初に摘まれる「初物(はつもの)」の意味を込めて、また「旬」のものとして呼ばれます。

地域によっては、三番茶を摘み採らずに、秋口に摘む「秋冬番茶」もあります。

お茶百科

この秋冬番茶のお仕事でした。
私たちが最後に刈り上げて茶園をきれいに慣らして
新茶を迎えます。

新茶の芽がきれいに育つかは
この秋冬番茶の土台のきれいさに左右されるそうで真剣勝負

また来年、美味しいお茶がいっぱいできるといいな!

そんな気持ちでお仕事をお手伝いさせていただいてました。

おやすみの日の過ごし方

笛を吹いたり、映画を見たり
髪の毛を染めたり
地元のお祭りに行ったり!!!

一年に一度の茶原郷まつり
県外からも多数来場されているようですごい人でした。
和束でこんなに人が集まるなんてびっくり

日本のお祭り楽しいなぁ

旅人無職Tシャツ

あとは遊びでこんなものを作ったり

静かな場所で
考える時間がたくさんあるって本当贅沢だと思うんですが
お茶の仕事をしている時は
特にその時間をとろうと思っていたので
いろいろな思考の整理ができてよかったなと。


このような感じで
畑と大地にお世話になりながら
京都で宇治茶の収穫をしていました。

お茶が終わったら愛媛でみかんの仕事なので
こちらも楽しみ!

良景色の中のお仕事はやはり楽しいなぁ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。