日本一周 Day102 季節労働で変わった価値観オーガニックという事

アウトドア初心者な一応女子なつこ@rekkaera
愛車のCB250RSに跨り日本一周遂行中!

なんとスタート所持金¥3000という新事実発覚!
詳しくはこちら
やめま翔さん@yamema_showさんがわかりやすくまとめてくれました!
ありがとうございます。

そんな崖っぷちスタートの日本一周、これからどうなる?

PayPalが死亡してeBay大ピンチの現状(笑)詳しくはこちらの記事で触れています。
生き残るすべはとりあえず現金収入と国内アマゾン展開

北海道、美瑛でのトウキビ収穫も終わり
次の地は京都でお茶収穫を目指し短い旅を楽しみ
無事京都へ到着

またしても初体験のお茶の収穫をお手伝いさせてもらっております!感謝。

Day102 10/17

オーガニックについて考える

オーガニックとは
農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

引用:日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

今まで、オーガニック信者でした。
農薬の成分も知らずにただなんとなく

Organic かっこよくない?
そんな感じで。

ですが最近ご縁があり
北海道ではとうもろこし、現在京都の和束という地域で宇治茶の収穫のお手伝いをさせていただき
ORGANICがすべてではないかなと思うようになりました。

なぜorganicを考えるのか

人間の都合で農薬をまいて
虫を駆除して生態系うんぬん。

農薬の成分がうんぬん。

有りだと思うんですが、その分当たり前に畑には虫がいるんです。

そういったオーガニックの畑に入るまで気にもしなかったんですが
それらを栽培してくれる人たちは
虫の攻撃に耐え栽培していたんだなーって。

考えたら当たり前なんですが
お金出して買うしかできなかった自分には想像がつかなかった。

どんな地で、温度で栽培されているのか。
朝には露がおりてびしょ濡れになるとか
夏でも寒いとか冬でも汗びっしょりだったり
畑までの道がエキサイティングロードだったりとか
あたりまえにいろんな虫に刺されるし
まむしにだって遭遇するらしいし
イノシシや鹿の足跡や糞やらいろいろいろいろ

本当に農業って大変なんだなって少しでもわかることができてよかった。
より食べ物に感謝!

なんて思いまして
普通のものより少し高いお金を払ってオーガニックを買うのも
農家さんへ還元だし
出荷量が少ないオーガニックだったら敢えて買わないでいることも
他の方への還元だし。

わかってほしかったこと

無農薬栽培って言葉にすると
聞き馴染みがありなんとなく流れちゃうけど
農家さんたちの大変な苦労のもとに栽培されてるんだよー!!!!

ってことを調子に乗って発言したりなんかして!


そんなお野菜中心の暮らしがとても心地よいのです。

*わたしはベジタリアンではありません。お肉もお魚も美味しくいただきます( ´ ▽ ` )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。