日本一周Day365 あの時とこれから

旅を開始して一年

2019/7/8

お陰様で旅を開始してから 365日という月日が流れ一年が経過しました。
当初の予定ではちょうど良い季節の7月から3ヶ月をめどにと思っていましたが
気づけば一年。北海道から沖縄まで遊びまわり今京都にいます。

すべてがご縁のこの旅で
お世話になった皆様へのお礼も含めつつ
なぜ旅に出て何を思い
そして一年経った今どんな状況なのかを少し語らせていただけたらと思います。

旅に出る前のオーガニックな理想の暮らしについて

丁寧な暮らしをしたいとずっと思っていた
無農薬なお野菜を食べてヴィーガンまではいかなくとも
肉よりは魚をと、フレキシタリアン
できていたけど苦しかった

貧しくて

あの時と今伝えたいこと

消費される人生に辟易

わたしの月収18万(手取り
店長時代は36万



ご縁があり、飲食店で働いていました。
繁盛店で店長というポスト

接客をメインにデザートドリンクを担当しつつ
お店全体を管理
朝から晩まで150%で走る日々

お陰様でお給料は最高36万円と
30代半ばの女性からしたらがんばった方かなとその時は思っていましたが
走り過ぎて鬱病になるし身長160cmに対して体重は40kgそこそこと
どこからどうみても病んでるスタイル

休みの日も仕事のことが頭から離れず
精神的に苦しかった毎日。

時間がないことを浪費でまかなう毎日でした。
なんでもamazonで解決してたな。

少しぐらい高くても明日には欲しいものが届くと時間とお金を天秤にかけて
無駄遣いの毎日

そしてコンビニ食を摂取してつながれる命



お金はあったけど満たされない心と壊していく身体

そして店長となってしまった今
これ以上の成長があるのかなとも悩み出す日々

もっといろいろ学びたい

一念発起し店長というポストを捨て
フレンチが得意なシェフがいる個人店へ転職しました。

お金より時間が欲しい!
給料手取り18万円。

最初は少ないお給料からスタートでしたが
前職からのけいけん?自信 もあって
お給料なんてすぐ上がるだろうと甘く考えていたわたし。
店長までやったわたしなんだからと。。。

世の中はそんな甘くなくて
わたしはただの井の中の蛙だったのかな笑

ハローワークに提示されていた労働時間とはかけ離れた勤務時間

結果時間だけが搾取される日々

そして、上がらないお給料に生活が苦しくなってくる

そこで

そうだ!資格があればお給料あげてくれるんじゃなかろうか!!
なんて思ったりして

ソムリエ受験を開始しました。

もともとお酒も大好きだしワインも大好き
前職のお店でもワインは扱っていました

現在のお店もワインの勉強になりそうだという理由で決めました

失敗したソムリエ受験(絶望期)

結果失敗に終わったソムリエ受験
飲食店勤務薄給!
さらに時間のないのは変わらず、さらに悪化していた日々のなかのソムリエ受験

一年まるっと勉強に空いた時間をすべて費やし

最終定期には睡眠時間を削り挑んだ試験でしたが
見事玉砕!!!!!!

もう笑うしかない!!!!!!!!!!

お給料あげてもらうカードも無くし失意のなかでしたが
でも仕事は楽しかった。

けどお金が無かった。

家賃を払って光熱費を払って生きるだけで精一杯
好きなお洋服も買えなくて

生きるだけで精一杯

でも体に良いものを食べよう摂取しようと

近所の八百屋さんで破格のお野菜を分けていただいたり

お店の廃棄になるお野菜達をもらっては

いそいそとお料理し

オーガニックなお野菜は高くて買えないけど

なるべくスーパーより八百屋さんで新鮮なお野菜を

化学調味料は使わず

素材の味を楽しもう

生きるだけで精一杯だったけど

生活は彩あるものにはなってたかな。

貧しいけど楽しかった


楽しい(と思い込んでいた)けどお金はない
時間もない。

やはりストレスで副腎疲労という謎の症状

足の震え、味覚障害

なんてことになっていた私の身体。

どれだけ健康に気を使った食事をしても、また心を壊してしまったら意味がない。

そうだ副業しよう(暗黒期)

楽しい(と思い込んでいた)けど

やはりお金がないって大変。これが現実

そんな時に副業というワードが目に止まりだし
本業で飲食をしながら
PC一台で稼げるというネットビジネスをはじめる

かいつまんで
高いスクルール料を払いビジネスとしては利益を出したけど
スクール料などを借金してしまった為(笑

全体で見たら赤字となっていましたが
今まで雇われて時間を提供して

対価としてお給料をもらう生活から

自分でお金を生み出すことができるんだと気づくことができたのは大きな収穫でした

副業をしながら
月収18万円のお店を退職し

副業を本業にしようと甘い考えをしていた頃

ご縁ありで

わたしの住んでいる地元静岡で一番美味しいイタリアンのお店がスタッフを募集しており

行ってみたらとお誘いをうけ

そちらでご厄介になりながらネットビジネスをするという生活がはじまりました。

テルさんとの出会い DueMondi(無感情期)

テルさんというシェフがいる静岡で一番美味しい(と思っている)
イタリアンのお店DueMondi(ドゥエモンディ)

こちらで旅に出る前に半年ほどお世話になりました。

この投稿をInstagramで見る

dueさんが春めいてた! #桜

Natsu-koさん(@725cb250rs)がシェアした投稿 –

テルさんというシェフは今まで出会ったどのシェフよりも

お客さんを思い、業者さんを思い、お料理を思い、スタッフを思いやってくれる方でした。

いつも、わたしには到底理解できない先の先のその先の世界をみていて

話すことは全て宇宙だったけど

お料理への愛、他人への愛、世界への愛

本当に愛に溢れた人でした。 


旅に出る前、最後に出会えてよかったテルさん。
ありがとうございます。

大袈裟でなく、出会えてなかったら生きていなかったかもしれない。
今だから言えるけど笑

PCとにらめっこな日々

上がったようで上がってなかった売り上げ

支払いに追われるネットビジネス

1人永遠と作業。
心は自由になったつもりでいたけど、どんどん感情が死んでいった。

確実にさらに病んでたのは認める。

テルさんが買ってきてくれる美味しい野菜

この投稿をInstagramで見る

たけのこでかすぎない? #マーチンきたなすぎない?

Natsu-koさん(@725cb250rs)がシェアした投稿 –

そんな病んでるわたしをさりげなく雇ってくれて、美味しいお料理をたべさせてくれて

時には閉店後にお話をしてくれて

号泣して帰るなんていう。

そんなテルさんが

朝早くに、道の駅のようなところで仕入れてきてくれる美味しいお野菜

常識(私の浅はかな知識の中での)では通用しない食材の扱い方、接し方

全てが愛だったな。今だから思える。

愛に溢れていた。


愛に溢れたお店、空間、お料理、テルさん

なんて事を言うとすっごい嫌がるだろうけど(照れてね)

テルさんは愛の塊だなって今すごい思う。

そこから繰り出されるお料理が美味しくないわけがない

ソースにする海老にまで「がんばれ!美味しくなれ!」なんて声かけながら

お野菜、お魚、お肉、スパイスとまできっと会話しながらお料理を作り出すテルさん。

短い間だったけど

お料理をしているテルさんを近くでみながらお手伝いさせてもらったのって

ほーんとうにラッキーだった。

少し人間らしい気持ちを取り戻し

美味しいものを美味しいと思えるまで身体も少し満たされた。

神様ありがとう!!!!!!!

テルさんありがとう!!テルさんはまじでヒーラー。

お野菜たちの価格とは

ある日テルさんが
いつものように朝の道の駅で
大量に仕入れてきた朝採れの美味しそうなレタス

ひと玉50円とかそんな価格で。

安く買えるのは消費者としてはとてもありがたいんだけど農家さんはそれで利益がでてるのか?

とはじめて疑問に思った。

これが後の旅の始まりの原動力となり

農家さんのお仕事をお手伝いさせていただき
畑というものを少し勉強したくなったわけです。

50円という価格でも
売れたらうれしいのか。捨てるより良いのか。
JAとのしがらみもあるだろうし難しい事はよくわからないけど。
そんなに安くていいの?

農家さんの実情を知りたい

そんな思いを胸に、見たことのない日本の景色を夢見てバイクで旅立つ。

日本を一周しよう。

北海道へ行けばなんとかなるだろう

広い北海道

想像の中の北海道は一面の畑

きっと北海道へ行ったら、なんとか農家さんのお手伝いができるんだろう。

本当に信じて疑わず北海道を走っていました。

函館に降り立ち、小樽を目指し、札幌から富良野、そして宗谷岬

最北端を制し東側を下り網走を超え知床は斜里町へ。

たどり着いたライダーハウスクリオネ

1泊の予定だったクリオネ
出発しようと荷造りをしていたところへ出会ったMORIKANA


モリカナちゃんとの思い出こちら

この運命的な出会いから
美瑛でのとうもろこしの収穫を紹介してもらい
秋の京都は和束でのお茶の収穫
冬は愛媛でみかんの収穫

年明けから3ヶ月、沖縄の離島小浜島での賄いを作る仕事
春にまた京都の和束で一番茶の収穫

ここまでのお仕事が流れよく決まっていった。

なんて幸運なわたし。

旅をしながら収入を得る季節労働という動き方を初めて知った。

さらに運良く
一緒に働く気持ちの良い人たちとも仲良くなれ

全力で生きている素敵な仲間達との出会い
素直に今を楽しみ今を生きる事が再びできるようになってきた今

とても幸せだなと感じています。

旅を通して変わったこと

旅に出る前は

バイクに乗ってはいたけど
ツーリングも行ったことがないし街乗りオンリー

キャンプもしたことないし、テントに入った事も寝袋で寝たことも無かった。

そんなわたしでもなんとか1年走り続けることができたし
なによりキャンプの楽しさに取り憑かれています。


今はキャンプ道具の軽量化、コンパクト性重視で見直し

積載方法なども改良しつつさらに進化しています。

より使いやすい道具達に囲まれつつあり、とっても楽しい!

自然の偉大さ

バイクで走る事と
自然相手の畑のお仕事に携わらせていただき

大自然のありがたさも恐怖も感じてきたこの一年

太陽さんには感謝しかない。

太陽の恵って本当にすごい。

やっと気づいた事ですが

わたしは太陽が隠れてしまうとパワーが出てこない

感情も不安定になり調子が悪くなるという事が新しい気付き。

わたしのファーストタトゥー(一番最初にいれた刺青)が太陽だったていうのもなんだか面白いな。

畑で働くことの楽しさ

ずっと飲食店で働いていた日々
屋内でずっとすごしていたから

いきなり屋外での肉体労働にはとても不安だったけど

お陰様で良い仲間に恵まれ
楽しく働けています。

この投稿をInstagramで見る

和束楽しんでます🐶 #一番茶 #和束

Natsu-koさん(@725cb250rs)がシェアした投稿 –


炎天下もあったり雪の降るような寒い日や土砂降りの雨の中でも

作業内容によっては畑に出て仕事をしているけど

土の上に立つ事はやっぱりとても気持ちがいい。

小さい頃土で遊んだあの気持ち。

川で遊んだり木に登ったり、海に癒してもらったりした毎日。

やはり自然は癒し
そんな事を改めて実感しています。

身体は疲れるけど、心はどんどん元気になっていくよ!

小浜で3ヶ月
畑ではなく賄いを作るという仕事をしてきました

お料理に向き合った3ヶ月はとても貴重な素晴らしい経験となりましたが

やはり土の上に立ちたくて
サトウキビの収穫を手伝わさせてもらいながら

なんとか自分を誤魔化しつつ日々を送っていました。

だけどどんどんパワーがなくなって辛かったな!


今、京都で毎日畑に行ける事で

パワーを充電、心も回復

お陰様でとても元気です。

そして今オーガニックとはなんぞやとわたしてきに考える

体に良いらしいはわかるけど高くて買えない

農薬ってそんなに怖いの?とどんな薬が使われ人間にどんな害があるのかもよくわかってない。借金をしている身分で身の丈に合わないオーガニックに囲まれるのは居心地が悪いけど

それは自分の力で育てたりお金をかけずに工夫して取り入れていきたい。

無理はせず、贅沢はせず、でも心は豊かに。

オーガニックの畑で働いて

今回ご縁がありオーガニックの畑で働かせてもらう機会がありました。

虫の多さにまずびっくりだけど茶園がとてもエキサイティングだった!なんだか生き生きしてて

立ち向かってくるイメージ。

農薬で雑草や虫達を除去していないのですごいモサモサしてる。

襲いかかってくる!

でもそれが楽しかったし刺激的だった。

収穫する方(人間側)も植物たちへの生命力に負けじと戦うみたいなイメージ。

毎日虫に刺され、ヒルやマムシに怯えながらの作業は

怖かったけどとっても楽しかったな!

オーガニックなもの達は少し高い値段で売られているけど
作り手側の苦労を今回知ったら

その値段は妥当で、なんなら安すぎない?なんて思ったり。

みかん農薬でかぶれた顔

去年末、みかんの収穫に関わらせていただいた時に

みかんの農薬でかぶれてしまった顔
晒しておきますね

今はすっかり治りましたが

この時は一生治らないんじゃないかと絶望したり。

農薬の恐ろしさを体感した出来事でした。

すべての食べ物、飲み物が無農薬でできたらとても素敵なことだけど

それはこれからの私たちの小さな努力が地球レベルで動いて本当に自然な環境でゆっくりとした時間が流れないと難しいのかな。

でも理想はそこにと希望だけは捨てずに行動していきたい。

これから体内に入れるものはもちろん
身に着けるものも自然な素材、気持ちの良さをまず考えて選んでいきたい。

自然な素材だけどもパンチが効いていてROCK魂溢れるスタイルを追求したいな。

なんて事を考えながら。

今後の歩み方

これからも気のむくまま楽しい方へ興味のある方へ

渡り鳥スタイルは変わらず、日本を一周しているのでまだ未踏の中国地方や茨城、千葉、三重、和歌山

これから京都を出発しひとまず滋賀、福井、石川、栃木県へおじゃまし

一旦静岡で体制を整え再度北海道へ北上します。

当初は一周でおわる予定のわたしの旅でしたが

まだまだ終わる予定がなさそうです。

これからもワクワクを探しに日本全国走り回り畑で汗を流しながら癒され次のステージへの時期を待ちます。

あまり触れていませんが借金もしっかり返済中
2周目で完済とはいかないけどだいぶ楽になるかな?

お金は大事だけどそれにとらわれず生きていきたい。

同じ失敗を繰り返さぬようここは慎重に。

慎ましく暮らすにあたり大好きな天草なんかに良い古民家な格安物件ないかなー!

九州に拠点が欲しい。九州はどこを走っても美しいし温泉天国だし、海も綺麗だし人も優しいし。

なんて事を考えています。

この投稿をInstagramで見る

#wanima聖地巡礼 まとめ パチンコ大和 倉岳高校前堤防 wanimacar 日本1の天草四郎像 えびすビーチ 天草は倉岳におじゃましてフラフラとしてました😆 皆、町の方が親切で 「wanimaちゃん」を皆でかわいがってる感じがとても癒されました。 だいたい聖地で写真をとってたりすると 幼きkenta少年やko-shin少年のお話をしてくれて嬉しかったな‼️ 皆「あの子らはー中学の頃からわちゃわちゃしてぇ‼️」って言ってました😀 あたたかい町倉岳 住みたい場所候補に初ランクイン 海あり山あり大自然な天草は倉岳 最高でした‼️ちからーっ‼️ ありがとうございます🏍️⛺🙏 #CB250RS #ソロツーリング #ソロキャンプ #日本一周 #wanima #1106 #パチンコ大和 #竹笛

Natsu-koさん(@725cb250rs)がシェアした投稿 –


その先は人が集まれる場所を作りたいなと思っています。

どんな形になるかまだおぼろげですが

まずは今できる事を少しずつ一生懸命に。

さいごに

長い長い自分語りにお付き合いいただきありがとうございます。

当初、こんなにも長い間の旅になるとも

公園や野営地なんかでキャンプなんかもできないと思っていましたがなんとかなるものですね!

それもすべて、出会っていただいた全ての皆様のご縁のお陰だと思っています。

心からのありがとうございます。

お金より時間が欲しかったあの時からとっても豊かな時間が増え、それと同じように収入も増え仲間が増えました。

今とても穏やかで幸せです。

ですが、不安だからと動かなかったら何も変わっていない今日。
こんなにも沢山の仲間とも知り合えていなかったと思うと

あの日、ちょっとの勇気をだして旅に出て本当によかったなと思っています。

仕事だってどこにでもあるし、なんとかなるものですよ!

ほんの少しだけ勇気をだして動いてみれば世界が回り出す。

何かの事情で旅に出れないと思い込んでる。そんな人へ

人生一度しかないんです。

この美しい景色、空気、香りを感じて楽しんでください!ぜひ飛び出してみてください!

きっと素晴らしい仲間とともに素晴らしい世界が広がってますよ。







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。